HOME | 不動産用語解説

不動産用語解説

投資用1棟マンション・1棟アパートをお探しの方へ、不動産、住宅、税制、法規制等、不動産に関連する用語を分かり易く解説しております。どうぞご利用ください。

キーワード検索   全表示

登録されている用語は13件です。1〜5件を表示しています。

内見【ないけん】

建物の内部見学の略。図面等により気に入った物件は必ず内見し、いろいろとチェックすること。(近隣の町並みも含めて)現況(実物)と間取り図とは必ずしも一致しない。図面だけで契約してしまうと入居してから後悔することになる。内見する時は不動産会社に手配を依頼する。案内してくれたり、現地にカギを隠してあったり、カギを貸してくれたりといろいろな形で内見できる。カギが現地にある場合は、気兼ねなく見ることができる。

内覧会【ないらんかい】

新築マンションや新築の一戸建てを購入し、建物が完成したときに不具合がないかどうかを購入者がチェックする会。一戸建ての場合には施主検査とも言う。

近年では、一級建築士などの専門家に立ち会ってもらい、素人では見ることのできない部分もチェックしてもらえるサービスがある。

納戸【なんど】

もともとは屋内に設けた衣類などを収納する部屋という意味であるが、不動産広告では採光のための窓がない(または窓が小さい)部屋のことを「納戸」と表示する。

建築基準法によれば、住宅の居室には、採光のための窓などを居室の床面積の7分の1以上の大きさで設けなければならない(建築基準法28条1項)。

従って、住宅の構造上、採光のための窓を設けにくい部屋は、建築基準法上の「居室」となることができない。そこで、住宅の販売広告等ではこうした部屋を「納戸」と表示することにしているのである。

また最近は「サービスルーム」、さらにはその頭文字をとって「S」と表示されることも多い。

2項道路【にこうどうろ 】

建築基準法第42条第2項の規定により、道路であるものと「みなす」ことにされた道のこと。
「みなし道路」とも呼ばれる。

建築基準法第43条では、建築物の敷地は「建築基準法上の道路」に2メートル以上の長さで接していなければならないと定めている。

ここでいう「建築基準法上の道路」は原則として幅が4メートル以上あることが必要とされている(建築基準法第42条第1項)。

二世帯住宅【にせたいじゅうたく】

親世帯と子世帯が一緒に住まう住宅で、その状況を考慮されたつくりのものをいう。少子化に伴う親子関係の密着度の増加、限られた土地の有効活用等が一緒に住まう理由の一つとして挙げられる。形状的にはいくつかのパターンがあり、それぞれのライフスタイルに合うものとする。いずれも税金や公的融資上の優遇措置がある。 

不動産投資物件 広告掲載をご希望の不動産会社様へ

不動産投資の知識とコツ
不動産投資と節税効果
売却しやすい一棟マンション 一棟アパート
投資用アパート・マンションを選ぶコツ
高利回り物件 収益物件とは
一棟物件購入のポイント
最新のマンション経営・アパート経営
不動産投資と資産運用・資産形成
不動産投資 一棟アパート経営・一棟マンション経営の魅力
不動産投資 効率的な不動産投資と資産形成
収益物件を選ぶポイントと売却方法
収益物件 人気エリアと選ぶポイント
収益物件を売却したい投資家の皆様へ
  • 不動産投資 質問集
  • 成約済みの一棟物件情報
  • 【twitter 一棟マンション 一棟アパート 不動産投資物件情報etcをつぶやき中】twitterのリンクバナーです
  • 「不動産と旅」全国の不動産投資に関するお役立ちブログ
PDA・スマートフォン対応サイト
PDA端末・スマートフォンで
いつでもどこでも物件検索
e-不動産販売PDA・スマートフォン対応サイトQRコード
http://mb.e-fudousanhanbai.com
  • 【不動産屋検索.com】賃貸・売買物件を探したい!不動産物件を高く売りたい!
  • 【不動産屋検索.com 不動産会社向け】不動産情報を掲載したい!売却不動産を探したい!